夜空の物語り


手を伸ばし 僕らここで 探してる 輝く星

それぞれの願いの数ほど 夜空は瞬くよ


いつからだろう僕ら 時を急ぎ

置き忘れたままの’夢’閉じ込めている

ふと見上げた空に 見つけた一つの星

強く儚く揺れていた


指差しはしゃいでた 蒼く遠い記憶

忘れないよ 失くさないよ ずっとこの胸に


手を伸ばし 僕らここで 探してる 輝く星

それぞれの願いの数ほど 夜空は瞬くよ

目に映る奇跡数え 過去と今繋いで行こう

空に描いた物語りを未来へ残そうよ 永遠に


通りすぎる風が僕を包み 止まったままの鼓動が動き始めた

懐かしい景色が交差して見えたんだ

消せない記憶見つめてた

  

あの頃の夢は 今も変わらないよ

だからこの先もいつまでも ずっとそこにある


思い出す あの日の空 瞳閉じ 願った夜

静寂に零れた涙は 今でも輝いて

どこまでも続いて行く 果てしない僕らの空

降りそそぐ奇跡を集めて 希望を探そうよ


きっと理由がある この胸の高鳴り

澄み渡る 星空の下 強く響いてる


手を伸ばし 僕らここで 探してる 輝く星

それぞれの願いの数ほど 夜空は瞬くよ

目に映る奇跡数え 過去と今繋いで行こう 

空に描いた物語りを未来へ残そうよ 永遠に

絶対絶対